氷山の一角の一番てっぺん

ここでは、氷山の一角の一番てっぺん に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/18、「建物構造強度偽造事件」の第一報を聞いて、
建築や住宅取引に関わる人から
「いやまさか、そんなことあり得ない。」
という声が多かった。
鉄筋など『高騰する建設用資材』、
投資用マンションの活況で『高騰する宅地取引価格』、
また、上昇傾向の長期金利。

こういった条件の下、
未だに先行物件より下がり続ける後発物件の『住宅販売坪単価』、
相場に比べて格安なお買い得物件。
これこそ、そんなことあるわけないのだ。

しかし、今回の件は明らかに度を越えていて、紛れもなく犯罪。

当初、下請けの構造設計事務所一社に責任を押し付けようとしていた各当事者は、
しばらくはいろいろな言い訳を繰り返すのでしょうが、
今後各方面の調査や捜査が進むに従い、決して逃れられない責任を負うことになるでしょう。
そもそも、
建設業法や宅建取引業法や品確法は、「供給者」や「施工者」に対して強い責任を課す法律になっているわけなので。

現時点で国が早々に居住者支援の検討を発表したこと、
供給者の多くが、該当建物の解体という方向性を決定したことは、
当然ながらも正しい判断でしょう。

最初に書いたように、
『高騰する建設用資材』、『高騰する宅地取引価格』、『上昇傾向の長期金利』、
『底値感はあるも上昇しにくい住宅販売価格相場』という条件の下、
売り続けなければ成り立たない住宅供給者、
建て続けなければ成り立たない建築施工業者、
設計監理業務をうけ続けなければ成り立たない設計事務所、
の中には、守らなければならない一線を超えてしまう者がいることも事実なのだろうなと思っています。

きっと、これは氷山の一角の一番てっぺん。
この市況で、昨今の住宅供給数の多さを見ても、このような者や案件はまだあるのだろうな。

何より、
「儲けりゃ何してもいいのか?自分のために仕事をするな、まず高い志を持て!」
僕が仕事上唯一尊敬する人がよく言う言葉を今一度、心の真ん中に。

今回の件は「実需用マンション」が大半であるも、中には「投資用マンション」もあったようで、(今のところファンド・マンションの該当物件はないけど)
10/20にここで書いた件も、
杞憂に終わればいいなあと思っているのですが...

実は僕、この「不動産証券化」から来る「不動産の投機的利用」には大反対でね。
昭和終わりから平成2年まで続いたバブルの焼き直しだと思うのね。
『利回り確保優先のために原価圧縮しまくった基本性能脆弱の不動産づくり(建物建築)』って、
結局また将来の負の遺産を造ってるに過ぎないと思うのだ。
大きな意味での環境破壊だ。そういう意味では時代に逆行してる行為だ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうか。
そういうことだったのですね!!
なるほど・・・。
勉強になりました。

この問題、今後も行方をしっかり見守る(監視する?)
必要があるようですね。
2005/11/24(木) 00:12 | URL | もにこ #a/KXgSrc[ 編集]
そう。
消費者目線で見るとき、
おや?何かおかしいと感じること、
そして監視すること、
そして間違いがあった事を忘れないこと、
それが大事だと思う。

話それるけど、たとえば
仙台のプールの天井が崩落したのは今年の8月の地震のときだったよね、
あー、そういえばそんな事もあったよねえ、
って既に忘れそうになってる人もいるよね、きっと。

ところで今回の件、各当事者が
知らぬ存ぜぬ、それは誰々が悪いと思う、
と答える様が盛んに報道されてるけど、
醜いったらないよね。

それに拍車かけてるのが
事件の大枠やこの業界の本質を調べようともしないでただ刺激的なコメント取りに走るワイドショーのくだらない面々ね。

事業主ではヒューザーやシノケン、サン中央ホームへの報道が多いけど、千葉の白井市で解体が決まったマンションの事業主「東日本住宅」は旧住宅公団や地方自治体が供給するマンションの仲介をメインにやってた会社なのね。
なんでここはあまり報道されないの?と普通におかしいなと思う。
2005/11/24(木) 21:52 | URL | かわにちぇ #1Qgwvzco[ 編集]
メインキャラはどれだろう?
かわちゃん、さすがに不動産関係の仕事してるだけあって、専門的な見解お見逸れい
たしやしたあ。
でもね~、建築もそうだけど医療とかも一般
の人には何がなんだかさっぱりわからない
のが現状なんだよね~。だから、ワイドショ
ーが取り上げ、視聴者が興味を持つ、さらに煽った挙句論点がズレるといった具合になるのかな。
今回、国とか行政が絡んでるから厄介だよね~。みんなシブチン揃いだし(笑)果たして
国のお偉い先生方はどう決断を下すのか見ものだ。

あの川崎のマンションの広告、以前郵便受けに入ってたの思い出したよ。買わなくて
良かったあ。って買えないけど・・・
2005/11/25(金) 00:52 | URL | ヒロ #JalddpaA[ 編集]
氷山の一角じゃないことを・・・
信じたい、一消費者としては。
だって、怖いじゃないですか。
生活する場所であり、いわば「命を預けられる」場所なのに。
そこが揺らいでしまったらどうすればいいのって思う。
小さい子どもを抱え、その場所を信じて生活していた母親の気持ちを考えると胸が痛みます。

それで例の記事ですが、来週の金曜日に掲載が決定したとメールが来ました。
その頃には出産しているといいんだけどなぁ~
2005/11/25(金) 20:05 | URL | たかさん #-[ 編集]
建前はそれぞれメイン。
>ヒロ。

でも真相は、
事業用建物を造る上で
誰が発注者で誰が請負者かという
仕事の流れからくるヘンテコな力関係にあると思う。

つまりは、メインキャラは事業主(供給者)だということ。

ほんと、買わなくてよかったね。
今後買うときは相談に乗るよ。うるさいくらいに。

そうそう。
解りづらい部分をきちんと報道するのがマスコミの役目だと思うのだけどね。
2005/11/25(金) 23:44 | URL | かわにちぇ #1Qgwvzco[ 編集]
了解。
>たかさん。

掲載日の件、了解しました。
ありがと。
ん。きっとその頃には無事に2児のママだね~。

さて、
事実として、
モラルの無い人や建築知識のない人でも資金さえあればできてしまう事業。
それが分譲マンション供給事業なのです。

今回の偽造を消費者が見抜くのは100%不可能だし、消費者にとってほんと酷い話だと思う。
でも、判断するための情報収集や判断するための基準づくりは、消費者としても必要なことだと思う。
いやな世の中ですけど。
2005/11/26(土) 00:02 | URL | かわにちぇ #1Qgwvzco[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kw2c.blog17.fc2.com/tb.php/218-d25f2810
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
建設業法建設業法(けんせつぎょうほう、1949年|昭和24年5月24日法律第100号)とは建設業を営む者の資質の向上、建設工事の請負契約の適正化等を図ることによつて、建設工事の適正な施工を確保し、発注者を保護するとともに、建設業の健全な発達を促進し、もつて公共の福祉
2007/08/08(水) 15:31:40 | 『建築』information
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。