ウクライナ1-0日本

ここでは、ウクライナ1-0日本 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005101201.jpg

スカスカのスタンド、これがヨーロッパにおける
日本という国に対しての現実?

アウェー、雨、めくれあがる軟弱芝、デカイ人たちとの消耗戦...
相手はたとえ親善試合であってもここ最近とは違い、2006W杯出場を決めた国。
楽しみに観てたんですけどね。

こんなこと言っても始まらないが、結局は審判に壊された試合でしたね。

ウクライナ戦は以上として...
先日8日のラトビア戦終了後の中田英選手へのインタビューでこんなやり取りがあったそうです。
(ソースは某SNSのサッカー日本代表コミュ...拝借失礼)

アナ「まずはキャプテン務めました中田英寿選手です。
   何かー、ワールドカップ本番を思わせるような緊迫した雰囲気になりましたが、
   結果2対2でした」

中田「いやまー、やっぱり前半で取れるうちに得点を取らなかった、それがやっぱり、
   この結果につながったと思います」

アナ「前半かなり攻撃的に、いい形も出来ていたと思うんですが」

中田「はい。で?」

アナ「イメージ通りの攻撃というのは随所に出来ていたという風に思われますか?」

中田「まぁ、前半特に速いパス回しからいい形が出来たところまでは良かったんです
けども、まぁそんなかで決定力不足ってのはまだ相変わらずの課題として残ってるし、
   まぁその結果後半相手に勢いを与えたんじゃないかと思います」

アナ「随所にディフェンスラインに下がって何かコミュニケーションとられてましたけど、
   守備の面での課題、反省点というのは何かありましたか?」

中田「多々」

アナ「それは今後、次のウクライナ戦に持ち越しということですか?」

中田「ま、持越しというよりも課題というのは必ずあるものなんで、別にどの試合でもう
   課題がなくなるということはないんで、ずっと続くとは思います」

アナ「ま、貴重なアウェイでの二連戦です。次のウクライナ戦も期待しています」

中田「ありがとうございます」

アナ「ありがとうございました」



「インタビューをする」という役割の人が「何を聞くか」ということについて全く練れていない。


翌日あちこちで中田の「で?」について
「中田横柄」とかあるいは、「相変わらず日本のメディアは」とか話題になったようですが。
僕は中田の応対に非はないと思う。

「日本のメディア」とひと括りにしてしまうのも使い古されたフレーズですが、
こんなにもレベルの低い「聞き手の発言」が許されてしまうTV全国放送って...

まあこういう類の「やっつけ仕事体質」ってのは身近にもいろいろあるしね。
「話に主語が無い」とか、話ずれるけど、「自分にとって都合悪い報告はしない」とか、「済んだことは検証も分析もせず、知見の蓄積もしない」とか「打合せしましょう、って人を集めるだけ集めていざ始めると集まった人任せ、で結局、今回何が決まって何が保留でこの打合せは継続していくのか打切りにして他で検討していくのか...全く仕切れない人」とかね。やっつけ。

あー、話ずれまくり。書いててくだらなくなってきたな。でもこういうの大嫌い。

中田HPの彼の日記でこの件についてコメントがありました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私はナカタ賛成派!
っていうと何だか変だけど、
インタビューって本当は相手の話(考え)を聞く手段だと思う。
でも最近は事前にしっかり質問が用意されていて、
しかも、返答まで予想されていて、それをしゃべらせて
予定通り進行させて“OK”になってる・・。
インタビュアーの力量をもっと考えた方がいい!と思う。
試合はほとんど見てないけど寝起きの悪い朝です・・。
2005/10/13(木) 09:36 | URL | もにこ #-[ 編集]
代表の課題も山積だけど、
ホント、こっちの課題もなんとかして欲しいものだよね。
「予想通りに答えてもらって安心したい体質」っていうのか、「自分の理解し得る範囲で物事をおさめたい」というのか、余計だよね。

Jリーグ始まって急にサッカーのTV放送が増えて、ルールも知らない人が実況やってた頃と、あまり変わってないのな。
プロ意識の欠如。
2005/10/13(木) 19:33 | URL | かわにちぇ #1Qgwvzco[ 編集]
オイラも・・・
中田の意見に産道・・・もとい賛同!
オイラも色んな中継観てて、試合後のインタビューで、「で?」って思うことが何度も。毎回画面に向かって突っ込んでるし。
「今日の試合は0-0でしたが」なんて聞かれても、「で?」って思いますよねぇ。「だから?」「何?」って思いますよねぇ。
昔、入社2~3年目頃のTBSの某女子アナS(現在フリー)がこのような感じで質問して、中田に嫌われたのは有名な話ですしね。まぁ、こんな質問でもツネ様は丁寧に「答えになってない答え」(質問が質問ですからね)で返してはいますが・・・。
2005/10/14(金) 10:55 | URL | Tutti #-[ 編集]
S藤さん。
好きだったなあ。NEWS 23のスポーツコーナーは欠かさず見てたかも。
その後、彼女はとても勉強したようで、2002W杯のときには活躍してたように思う。
彼女のHPでは2003年頃(たぶん)の中田とのタメグチメール公開してるぐらいだから今では交流深めてるんだろうね。

そうそう。宮本とか、F1の琢磨の答え方聞いてると、ある意味エライなあと思う。
でもそれじゃあ、いつまで経っても「つまらないインタビュー」というのは無くならないのだけどね。
2005/10/14(金) 11:52 | URL | かわにちぇ #1Qgwvzco[ 編集]
俺もブログに載せた。
中田の日記、私もブログに載せたよ。
試合は忙しくて観れなかったんだけど、中田のHPはちょくちょく覗いてたから、あらまぁ!と思ってビックリした。
私は「、で?」ってゆう言葉に問題があったと思う。
言葉の中身はどうであれ、単純にイメージが悪いよ。
日本語は語尾がひとつ変わるだけで全く印象が変わってしまうから難しいよね。
たしかにインタビュア(あってる?)にイラつくことも多々あるけど、あーゆぅなんとも煮え切らない感じの質問が普通なんだと私は今まで思ってたな。
中田の言ってることは正誤はなしにして、すごく素直でわかりやすかった。
ますます好きになったよ(笑
2005/10/15(土) 11:22 | URL | りりぃ #EOISLqog[ 編集]
お、俺ぇぇ??
ちょうど、お互いのblogを覗きっこしてたみたいだねえ。
コメント書いてた。

でね。
やはり文字って難しいなあ。
中田のコメント、文字で読むとそう感じるよね。

実は微妙なニュアンスが。
引用するとね、
--------------
もっと細かく言うと質問の後に少しの間その後の発言を待つような感じで黙ってて、それから「はい、で?」となります。
で?も語尾が上がる感じではなく下がり気味な発音。
マイクがインタビュア側に向かってたので、うまく拾えてないけど、
「はい。で?」の後に笑いながら
「なんでしょうか?」という一言もあります。
-----------------
とのこと。

言葉遣いのみならず、文字遣いも難しいなあと思う、今日この頃ですわ。ははは。


2005/10/15(土) 11:51 | URL | かわにちぇ #1Qgwvzco[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kw2c.blog17.fc2.com/tb.php/192-f43dea50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
あらら、やっちゃった。何も残らない試合しちゃったね。てか、シェフチェンコいないから何度となく助かってたね。こういう均衡した試合は親善試合とは言えども、先制点取って、結果出さなきゃねasahi.com:日本、ウクライナに0―1で敗北 サッカー国際親善試合 - スポーツ
2005/10/13(木) 03:48:46 | [K]こあら日記
 欧州遠征2戦目となったウクライナ戦。シェフチェンコが出てこなくて少し残念でした。前半はウクライナペースでの試合展開が続いた感じでしたね。グラウンドコンディションが悪いせいもありますが、中盤の選手が置いていかれるシーンが多々見られました。茂庭と坪井は足が
2005/10/13(木) 03:55:09 | FC.VIRIDIS BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。