ヘンドリー・カベルネソーヴィニオン2001 1本目

ここでは、ヘンドリー・カベルネソーヴィニオン2001 1本目 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20050725001054.jpg

まだ家に来て日が浅く休ませてないし、チーズと合わせただけだし、
何しろ週末の早飲みペースのため、しっかり味を引き出せなかったのだけどね。
とりあえず第一印象を。

綺麗な紫色は若々しくパワフルなカリフォルニア産をよく表している。
抜栓直後の黒系果実の香りも、
この畑の葡萄がオーパスワンにも使われているという話を実感させる。
が、味はパワフル&スパイシー。この印象は2時間経っても3時間経っても変わらず。
タンニンは強く若いがそれよりもまだ味に落ち着きがない感じ。
時間が経つにつれ温度が上がり、バニラや熟した黒系果実の香りは満開になったけどね。

そんなわけで2本目はしばらく、休ませることに決定。
以前飲んだ'98のムートン
mouton98.jpg

に似た印象で、あと10年、いや20年経つと
恐ろしく変貌するかもしれない予感、なんてあてにならないけど...
つうか、そんな辛抱できずに開けてしまうだろうけど。
●ヘンドリー カベルネソーヴィニヨン ブロック8 2000なら在庫まだありとのこと
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ
花火ではTBありがとうございました。
私はチリ産ワインをよく飲みます。
あ、まっったく詳しくないんですが、カリフォル二ア産てパワフルなんですか?
かわにちぇさん的にはチリ産ってどうですか?
ちなみに私はカベルネソーヴィニオン意外はあまり飲まないです。
2005/07/25(月) 10:24 | URL | りりぃ #-[ 編集]
ご無沙汰しています
 naoさんところから久々に遊びに来てみたらblogが開設されている~ということで、思わずコメントしてしまいました。
 観たもの触れたもの味わったもの全てにこだわりが感じられるページですね!
 そのお眼鏡にかなうかっていうと疑問ですが・・・
 コーヒーは結局スタバの「エスプレッソロースト」に落ち着いてしまいました。
 このところ楽天でチャレンジしていません(^_^;
 ワインは語れる詳しくないのですが、フジクレール甲州樽発酵というのを飲んで日本産にもおいしいものがあるのねって発見したところです。
 なんてことをつらつらと。
 また、のぞかせていただきます<(_ _)>
2005/07/25(月) 10:57 | URL | しるくま #BoMa4nKA[ 編集]
レスれす♪ 7/25
コメントありがとございまーす。

>りりぃ。
素敵で本格的なイラストが満載のblog、また覗きにいきますね。

元々フランスのボルドー産が『旨いワイン』との出会いだったので、
この地域で多く使用されるカベソーが飲むワインの中心というよりも大半で、
あのブラックベリーやカシスといった黒系果実が熟したような香りと、
舌に強く残るタンニンの渋みの虜になっています。

そのカベソー種で飲み比べると、
実際はどうかよく知らないけど、『カリフォルニアの太陽を存分に浴びました!』
ってワインの方がボルドーのそれよりも果実味や渋みが強く感じられるものが
多い気がして、そういうワインに出会ったときに、
パワフルでカリフォルニアっぽいなという感想を持ちます。
当然、全部が全部ではなく、
ボルドーにも噛んで飲みたくなるくらい濃厚なものもあるけどね。

さて、チリ産ですが、
そのパワフルさではカリフォルニアに勝るとも劣らないものが多いと思っています。
(カリフォルニアよりも更に安定して強烈な太陽を浴びてるのだろうなあ、
と思ってます。)
技術もどんどん革新され年々品質が上がっているし、
お買い得感のあるワインが多く、僕も好んで飲みます。

せっかくコメントいただいたので、今夜、『新記事』でチリのワインを紹介しますね。
また是非、コメントくださいませ。

>しるくま。
おひさしぶりです。
いやいや、お眼鏡つうか、適度に香りが華やかで、どっしり渋みがあればOKなので。
(つうかこれ、コーヒーの話なのだけど、文字にするとワインと共通だなぁ。)
エスプレッソロースト、早速試してみるね♪

フジクレール甲州樽発酵って知らなかった。つうか、日本産ってほとんど知らない...
『2004国産ワインコンクール』で銅賞受賞してるのね。
せっかくご紹介いただいたので、こちらも今夜、『新記事』にて紹介しまーす。
またコメントくださいまし。
2005/07/25(月) 16:07 | URL | かわにちぇ #1Qgwvzco[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kw2c.blog17.fc2.com/tb.php/114-c665fde2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。