ワイン

ここでは、ワイン に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20060305193939.jpg

実は風邪っぴきまして、だらだらと過ごしておりました。
鼻やられるとね、そんで体の節々が痛いとね、外出する気にもワイン飲む雰囲気にならないしね。

つうわけで、少し元気になった本日、
肉食うべ!ワイン飲むべ!というところまで回復しました。

おいしいワインでした。
うんちくはこちら
探してみたけどあまり流通してないのなこのワイン、残念。
スポンサーサイト
20060213215515.jpg

いただきものです♪
どうもありがとう。

ワシントン、コロンビア・ヴァレー産のカベルネソーヴィニョン。
コロンビアヴァレーの葡萄を厳選して使用し、
骨格が素晴らしいしっかりとしたパワーワインだそうだ。

よくなついた犬の写真が可愛く、3つの足跡が印象的なエチケットをよく見るとおや。
[ダンハム・セラーズ スリー・レッグド・レッド2004]の続きを読む
20060205210204.jpg

ひさしぶりにおいしいワインが飲みたくなった。
1800年代後半に開拓された由緒ある畑から穫れたという葡萄は、とても可憐な印象。

20060205210025.jpg

長く上質なコルクで大事に瓶詰めされている。


売ってたらまた買いたいなと思うのだけど
20周年記念ラベルの付いた2001vtはなかなか流通していないので、
家にあるあと1本は、ゆっくり熟成させてみたいなと思う。


スポッツウッド カベルネソーヴィニヨン2001
20060120201507.jpg

近所の酒屋に通わなくなったせいで、ブルゴーニュは久しぶりだ。
抜栓して1時間。
綺麗なルビー、プラム、アセロラ、ラズベリー、ミネラルからくるピリピリ感。
しっかりした酸味と複雑なフルーツの甘さは絡みあい上品に長く続く。
しっとりと落ち着いた感じは同じピノノワールでもカリフォルニアのそれとは全く違う。

わいわい楽しむ、というよりは、
ゆっくりゆっくり、時間を気にせずただワインを味わう、そんな楽しみ方。

ゆっくりゆっくり過ごす。

ドメーヌ・ベルナール・モレ蔵出し シャサーニュ・モンラッシェ・1er・クロ・サン・ジャン2002
実家で両親とゆっくり過ごす。

この歳になるとそれがとても貴重で重要なことのような気がして、冬期休暇は実家で過ごそうと随分前に決めていた。
お気に入りのワインを持って。


20051231185404.jpg

マリー・ノエル・レドリュ・キュヴェ・デュ・グルテ・アンボネイ・グラン・クリュ


20060101233008.jpg

 コトー・デュ・ラングドック・ル・ボワ・ド・ペリエ [2003] マス・ドージエール


20060102184602.jpg

オーパス・ワン2002

[父と母と。]の続きを読む
20051229214407.jpg

今年最後の1本。
山梨県笛吹市の伊勢原圃場から収穫された甲州種

緑がかった黄色、マスカット、胡椒の香り。
しっかりした酸味に上品な甘みが重なる。ジンジャーエールのような清涼感と苦味。

今年穫れたての葡萄から、こんなに複雑な味わいが感じられるとはすごい!!!
[アルガブランカ ヴィニャル イセハラ2005]の続きを読む
20051224222106.jpg

クリスマス晩餐会その3
イヴだ♪
サーモンピンクのシャンパーニュ。
20051224222510.jpg


メリクリ~♪
クリスマス晩餐会その1ね。
僕はクリスチャンではないけど、そんなことはどうでもいいのだ。
楽しくて美味しければいい~♪

20051222221406.jpg

9月に勝沼醸造で買ってきた勝沼甲州樽醗酵2003を抜栓。
[勝沼甲州樽醗酵2003 勝沼醸造]の続きを読む
20051216210706.jpg

家に届いてまだ1週間なのですが、
週末なので開けちゃいました♪

2001vtは漫画「神の雫」のせいであっという間に市場から姿を消したのですが、リリースしたての2002vt。
[ロッソ・ピチェーノ・スペリオーレ・ロッジョ・デル・フィラーレ2002]の続きを読む
20051210204720.jpg

 コトー・デュ・ラングドック・ル・ボワ・ド・ペリエ [2003] マス・ドージエール
ラングドック AOC
シラー主体

何回かご紹介してますが
無事家に届いた記念ということでね。

そして今年のモスト・フェイヴァリットとしてしまおう♪
メーカーズディナーにて造り手のイレーヌ女史にいろいろ思い入れを聞いたというのが大きいのは確かだけれど。
香りが華やかで、パワーどっかん!ではなく繊細な味わいというのは、
これからワインを始めてみようかな、という人にもきっと穏やかで優しいと思う。
[2005マイ・モスト・フェイヴァリット・ワイン♪]の続きを読む
という面々が渋谷へ集合、
総勢なんと107名、提供されたワインも100本オーバー!
お店の扉を開けた途端に葡萄の香り、まるで醸造中の蔵のよう。
あるいはその扉は、抜栓した途端に立ち昇る香りでわくわくイイ予感のするワインを開けたようなそんな感じ。
そして予感的中、「ワイン好き」に包まれた幸せなひとときでした。

幹事の方々、きっとすごい準備になったのだろうけど、いろいろお世話になりました。

なんかすっかり酔っ払ってしまったので画像ブレブレですけれどもね。
当日いただいたワインの数々を記録しておきます。
20051209214829borgo.jpg

コッリオ・ロッソ・リゼルヴァ1999ボルゴ・デル・ティリオ
イタリアの太陽たっぷり感、メルローの華やかな香りで果実味満載!
[ワイン大好き!]の続きを読む
ええと、飲む量以上に買い込んでおります。
いっそ、酒屋さんになってしまいたい。(うそ。)

220799_2404694543.jpg

オーパス・ワン2002
やはりリリースされるとすぐ...
[半期に1度の病気発症ちゅう?]の続きを読む
 コトー・デュ・ラングドック・ル・ボワ・ド・ペリエ [2003] マス・ドージエール

先日のワイン会で感激した、
イレーヌ女史のワインが販売開始となりました。
\3,980は親切価格!

2003は彼女のファーストヴィンテージ。
大事なときに、大事な人とゆっくりどうぞ♪
20051102212719.jpg



 コトー・デュ・ラングドック・ル・ボワ・ド・ペリエ [2003] マス・ドージエール
220799_2225559341.jpg

中野坂上にある酒屋さん『藤小西』へ5年ぶりぐらいで行ってきた。
青梅街道沿い、新宿から向かって歩道橋を越えたあたりの右側という場所は覚えてたし、たまに通りがかってはいたのだけどね。
スタンディングバー プチコニシ』という立ち飲み屋が併設されていたせいか、店内の雰囲気が少し変わったように感じた。
[アルガブランカ ヴィニャル イセハラ2005]の続きを読む
20051201222527.jpg

先日のワイン会でお世話になったワイナリー和泉屋にてクリスマスツリーを購入しました。

ワイン屋さんでクリスマスツリー?
[Merry Christmas!]の続きを読む
20051122204332.jpg

わずか年産1400ケース
カリフォルニアワイン界の偉大なる父、アンドレ・チェリチェフ氏の愛弟子ウィリアム・ヒューイット氏が育てた葡萄によるトム・リナルディー氏の作品だそうな。

[ヒューイット カベルネソーヴィニヨン ラザフォード 2002]の続きを読む
20051102212719.jpg

幸せなひとときでした。
「エチケットにあるハートは私のハート、ハートを込めてワインにしてます。」と言うイレーヌとのディナー。
『マス・ドージエール』のメーカーズ・ディナーに行ってきました。

いい気持ちに酔って、レストラン ラ・フェーブのおいしい料理もワインのエチケットも撮ってこなかったのだけど、いいよね。
[イレーヌ女史とワイン]の続きを読む
コトー・デュ・ラングドック・レ・ゼクラ [2003] マス・ドージエール

まだ飲んでないのですけどね。
エチケットにハートマーク、可愛いでしょ。
シラー主体のラングドックとのこと。

このワイン、
葡萄の栽培から醸造まですべて自分ひとりでこなすという『マス・ドージエール』オーナー醸造家、イレーヌ・トレール女史の作品だそうです。

11/2に九段下のレストラン ラ・フェーブで彼女を招いての夕食会、
いわゆる『メーカーズ・ディナー』ワイナリー和泉屋の主催で開催されるというので申込♪

造り手の意志というものに触れながら楽しんでこようと思ってます。

お供は、普段苦楽を共にしてる仕事仲間ね。
(最近、苦楽の苦ばかりさせてしまってるので、ちょいと気分転換つーことで。)


いまならまだ席に余裕ありとのこと。
『メーカーズ・ディナー』
20051015095947.jpg

昨日の余韻に浸りながら
本日朝からだらだらと飲むの巻。

このワインについてはもう説明いらないっしょ。

オーパス・ワン[2001]750ml
20051014203944.jpg

先日手伝った(?)今年のインテリアコーディネーター1次試験
今日はハウジングエージェンシーから回答速報が届く日でした。
まあ、届いた予想回答は生涯学習のU-canの回答速報と全く同じだったのですけど。
しかも合否判定のほうはまだ届いてないのですけど。

とりあえずお疲れさまということで、
そいつのバースディヴィンテージを開けた。
[シャトー・ガイヤール'82]の続きを読む
20051001213422.jpg

このパワフルボディを堪能するには
デキャンタージュするよりも、5~6時間放っておいたほうが簡単です。
既に酔っていますのでね。

納豆ご飯によく合う。
って、酔ってるだけか?
20050928184319.jpg

えー。土曜の昼間っから酔っております。

先日の勝沼巡りで購入したワインはこちら。
しばらくゆっくりさせて、大事に抜栓したいな。


勝沼醸造

勝沼甲州樽醗酵 [2003]


シャトールミエール

光 甲州 [2002]
20050930201649.jpg

暗いルビーの色、赤い薔薇の香りにプラム、
チェリーといったフルーツの味わいが折り重なる。
どこまでも柔らかく舌の上をツルツルと通り抜ける。
そして柔らかく甘く可憐に伸びるアフター。
[ニュートン ピノノワール ナチュラリー ファーメンテッド スペシャルキュヴェ 2000]の続きを読む
20050925154707.jpg

三角屋根の瀟洒な佇まい。

20050925152723.jpg

地下の石蔵セラーでゆっくり熟成中。
[シャトー・ルミエール]の続きを読む
勝沼醸造直営のレストラン、1週間前ぐらいに予約が吉。
窓際のベストポジションへ案内されました。
窓からは葡萄畑、「ぶどう畑のレストラン」と称される所以。
20050925140322.jpg

特選和牛ローストビーフ・ランチ
特製ソース、醤油、山葵、洋わさび、あるいは岩塩&粒胡椒、
いろいろな味付けでいただく。
[レストラン「風」]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。